オリジナル家具・金物の上手工作所

サーモウッドとは?

サーモウッドとは、熱と水蒸気だけを使って高熱乾燥処理を施した木材のことです。

フィンランド建築技術センター(VVT)で開発された、約200℃前後の熱と水蒸気で木材の性質を向上させる技術を、日本の樹種でも使えるように改良。
木材の寸法変化を抑えて反りや割れが発生しにくく、耐朽性も向上して腐りにくいのが特徴。
ノンケミカルで薬剤や塗料を一切使用しない、人や環境に優しい素材です。

※上手工作所では越井木材工業株式会社でサーモウッド加工した木材を使用しています。

サーモウッドの特徴

1.寸法安定性

木材の寸法変化は、木材への水分の出入りによって大きく左右されます。
木材の含水率は湿度によっても変化し、日本の気候で木材を使用していると約15〜20%になります。

サーモウッドは、高温処理することで同じ条件でも含水率を10%以下にまで抑えることが可能。
水分の出入りによる寸法変化が起こりにくくなり、割れや反りが発生しにくくなります。

2.耐朽性

220度以上の高温でサーモウッド処理することで耐朽性も向上。
ヒノキと同等以上の効果を発揮します。
オオウズラタケやカワラタケといった木材を腐らせる菌類に強い木材。

高耐久なので、無処理木材よりもランニングコストがかからず経済的です。

3.化学物質不使用

サーモウッドは薬剤や塗料などの化学物質を一切使わず、熱と水蒸気のみを使用して製造されています。
小さい子供やペットがいる環境でも安心安全な製材です。

4.経年による色変化

木材は経年により徐々に色が抜けていきます。
特に屋外では、太陽光に含まれる紫外線によって分解された木材表面の成分が雨によって流れ出すため、
色変化が顕著に起こりますが、木材自体の性能は保たれます。
木材の色変化は自然のものであり、そのエイジング(経年変化)もデザインの一つとして楽しめます。

サーモウッドの製造工程

>サーモウッド看板商品ページはコチラ

 

 ※資料・画像提供:越井木材工業株式会社